忍者ブログ
痩せたいのに痩せない人へ!簡単に痩せられる方法をご紹介しています。痩せない…と嘆かず、絶対痩せたいと信じて!簡単に痩せられる方法です
 1 |  2 |  3 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※夜は体が脂肪を溜め込みやすい状態になっているので、夜の食事に揚げ物は控えましょう。

※なるべく衣をつけずに素揚げにしましょう。
素揚げにした方が肉や魚の油が溶け出します。

※油を使う料理は、1食1品に抑えましょう。
肉や魚などの食材から脂質はとっているので、油そのものを使うのを必要最低限にとどめる工夫をしましょう。
PR
※できるだけ空腹感を感じないような時間設定で、1日3食を基本に食べましょう。
リズムある食事はエネルギーを蓄積せず、上手に代謝できます。

※消化には4時間くらいはかかるので、夜の食事は寝る3時間前には済ませましょう。
基本、夜遅く食べると太ります。

※朝食は一日の食事リズムをつくるスタート。
朝食をとれば、体も活性化されて日中のエネルギー消費率の高い体になっていきます。

※できるだけ和食を食べましょう。
洋食はバターやオリーブオイルなどが使われ、脂肪がたっぷりです。
あっさりめの和食の方がカロリーオフに繋がります。
※野菜炒めを少量の油で炒めて、味噌を足しましょう。
香りもついて風味良くしあがります。

※砂糖の代わりにオリゴ糖を使う。オリゴ糖の方が低カロリーです。
砂糖は小腸で吸収されますが、オリゴ糖は大腸まで届き、腸内に住む善玉菌のえさにになり、腸内バランスを保ってくれます。

※油と砂糖はできるだけ一緒には使わない。
一緒に使うと使わないでは、体脂肪量に大きな違いがあります。

※うまみのある食材を使用して油を減らしましょう。うまみ調味料なども有効です。
※お米に大豆やグリンピースを混ぜて炊けば、米に豆の食物繊維がプラスされ、かさ増しにもなり、腸に効果があるファイバーメニューにもなります。

※牛丼の牛肉を減らして白滝をかさ増し、お米にもこんにゃくを細かく刻んで混ぜましょう。
白滝はお腹が膨らみ食べる量が減りまし、こんにゃくもヘルシー食材の王道です。

※きのこ系はなんといってもヘルシー食材の代表格。たくさん食べてもほぼノンカロリー!
野菜炒めなど、様々な料理にかさ増ししてカロリーオフに活用しましょう!
※料理の基本は、「焼く」「揚げる」「煮る」「ゆでる」「蒸す」ですね。
「焼く」と「揚げる」は油を使用します。
カロリーオフを意識するなら、「煮る」「ゆでる」「蒸す」を中心とした料理を意識して作りましょう。
 
※油量を減らすために、クッキングペーパーに脂を浸し、それでフライパンの表面をふくようにします。
またはスプレータイプのオイルでフライパンにスプレーすると薄く油をひくことができます。
 
※魚も肉もホイルに包んで焼けば、余分な油を使う必要ありません。
ホイル焼きのコツは、アルミホイルを長めに使って、空気を入れてふんわりと包むこと。
こうすれば空気が温まって早く加熱できます。
 
※豚肉、牛肉、鶏肉も魚焼きグリルで焼けば油は必要ありません

※ひき肉は、フッ素樹脂加工のフライパンや鍋で火にかけましょう。
油なしでもくっつかず、固まらないできれいにぽろぽろ状態に仕上がります。

※ピーマン肉詰めも、クッキングシートを使えば油を使わず調理できます
フライパンにクッキングシート敷いて、最初に肉を下にして焼き、ある程度焼けたら、返してさらに焼けば大丈夫です!
痩せたいと思うならカロリーオフは避けて通れません。
食べても食べても太らない体質なら別ですが…

痩せない…と嘆いている段階ではそういう体質ではないでしょう。
カロリーオフと考えると、「食べたい物を我慢…」

という風に考えがちですが、けしてそんなことはありません。
ちょっとしたコツで食べたい物をカロリーオフできます。

そんなカロリーオフのちょっとした工夫やコツをお話していきたいと思います。
ダイエット中の停滞期や挫折しそうになった時は、ダイエット以外で楽しめたり没頭できることをすることをおすすめします。

料理が好きなら、自分が食べたいものをちょっとだけヘルシーにアレンジしてみたり。
体を動かすことが好きな人なら、一旦ダイエットの事は忘れて、体操などするのもよいでしょう。

読書に集中すればムダな食欲が抑えられるし、恋愛すれば「綺麗になりたい!」という欲求がエネルギーとなってダイエットに弾みがつくかもしれません!! 

このように、自分にプラスになり楽しいことを増やしていくことがとても大事!。
また、「痩せなきゃ」という意識ではなく、「痩せてキレイになれるんだ」と思えば、

毎日のダイエット生活も楽しめるのではないでしょうか?
楽しんで取り組める。これが何より大事だと思います。
友人でも上司でも、モデルでも女優でも、自分が憧れて綺麗だな~と思える目標となる人を決めてみるとよいと思います。

そしてその人の生活スタイルや食生活を真似てみるのもダイエット成功には大事です。
今はモデルや女優さんがブログをやってたり、ダイエット本もたくさん出してますから、自分もそのモデルや女

優になったつもりで、そっくりそのまま真似してしまうのもいいかもしれません。
「これまでの自分のライフスタイルや食生活とは全く違う!」と驚くことも多いかもしれませんが、

その変化に気付くことこそ痩せる事への一歩かもしれません。
最終的には真似だけするのではなく、自分なりのアレンジを加えたオリジナルメソッドを確立できれば、

その時が本当のダイエット成功と言えるのではないかと思います。
気の持ちようだと思います!!
自分の体をよ~く見たり、触れてあげることは非常に大切です。
「ちょっとダブついてきた」と思ったら念入りにマッサージを行ったり、

「筋肉が凝り固まっている」と感じたならストレッチを行ってみることがとても大事なのです。
そして、自分に合った快適な方法が見つかったら、けして無理をせず続けていくことです。

また、自分が一番キレイに映るポーズをつくり、全身のバランスを鏡でチェックするのも大事!
この時、「なんで自分はこんなに太っているんだろう…」などと、
自分を嫌いになるようなネガティブなことを思うことは禁物です。

逆に「痩せたら新しいファッションにチャレンジできる」とか、
「次はどこを変化させようかな~」などと、楽しい想像を繰り広げていきましょう!!

想像が広がれば広がるほどダイエットが楽しくなっていきます。
「低カロリーだから」「ヘルシーだから」という理由で食べていても、それがまずくて嫌々食べてたとしたら長く続くはずがありません。

我慢やストレスが増えるとエネルギーを過剰に温存しようとし、それがかえって脂肪を蓄える原因になるので注意が必要です。

自分が美味しいと思えるものを家族や友人とリラックスした状態で食べれば満足感が生まれます。
ゆっくりゆったりした気持ちで食事をする事がとても大事です。

また、時には羽目を外して食べ過ぎてしまうことがあったとしても、決して罪悪感を持たないことが重要です。
たった1食で太ってしまうわけはないので、「美味しかった」「また明日から頑張ろう!」

と前向きに考えるのもダイエット成功の秘訣です!
「継続は力なり!」こんな風に考えることが大切です。
「食べてはいけない!」「運動しなければいけない!」というルールばかりを作ってしまうと、
それが出来なかった時に起罪悪感や苛立ち、自己嫌悪から諦めモードに突入してしまい、

最終的にダイエットを挫折してしまうケースが多いものです。
また、例え厳しい目標でダイエットを成功したとしても、達成したと同時に気が緩んでしまい、
徐々にリバウンドしてしまったのでは、本当の意味でダイエット成功とは言えません。

そこでおすすめしたいのが、「~してはダメ」という禁止項目を作るのではなく、健康的で続けられそうな「~できる」という項目を作り、その項目を少しずつ増やしていくという方法です。

大切なのは、「できた」とか「実践した」というポジティブな行動を起こすことです。
それを毎日繰り返し続けることが、最終的にダイエット成功となるのです!
「痩せたいといつも思っている」「できるだけカロリーオフしてる」「運動はするようにしている」。
なのに… なかなか痩せない。

今「そう、そう!」と共感したあなた!
その、あまりに強いダイエットへの意志こそが、痩せない原因となっているのかもしれません。

「食べたら太るよな~と思いながら食べる」「運動しなくちゃな~と思いながら過ごす」
といったことが日々積み重なると、ストレス・罪悪感・プレッシャーとなり、それが痩せない要因となっている場合が多いものです。

そこで痩せない原因というより、痩せやすいちょっとしたコツをお話していきたいと思います。
やはりハーバード大学の研究での話ですが、12,000人の32歳以上を調査した結果、太った友人、
兄弟、パートナーを持つことによって、自分が肥満になる可能性は37~57%も上昇することがわかりました。

食事による摂取カロリーと運動による消費カロリーが似てくるということです。
まあ… 逆に考えれば反面教師で、マネをしないようにしてみるのもひとつの考え方かもしれませんね。

ここ数日、太りやすい原因ということでお話して行きましたが、これらを改善するだけでも痩せやすい体質になるかと思います。
参考にしてみてください。

アメリカのハーバード大学の研究によると、同じ様にカロリーオフをしながら生活した2人で、
1人は毎日体重計に乗って体重をチェック。もう一人は特に意識をさせない。

この結果、同じ様な体型で同じ食事をしたにもかかわらず、ひと月で3キロ以上の体重の減少に差があったそうです。

ダイエットには体重を常に意識することで効果が大きくなるようです。
 

太っている人の生活環境で共通しているのが、すぐに物を食べらるということがあります。
いつも近くに食べ物があるが故に、退屈だとすぐに食べ物に手が伸びてしまうようです。

テレビなどを見ているときなども、知らず知らずに食べ物に手が…
プライベートを過ごす部屋には、普段は食べ物を置かないほうがよいでしょう。

体を動かさずにテレビを見ながらぽりぽりお菓子を食べるのは、新陳代謝などが低下して消費カロリーもガクンと減ります。
お腹が減るとイライラするのは自然の話です。
しかしそれ以外でストレスを感じるといつも以上に食べてしまう傾向の人がいます。

よく失恋でやけ食いなんて話を聞きます。もちろんその場その時だけの話なら特に問題はありません。
しかしストレスを感じるたびに、感情に任せて食べてしまうのは危険です。

感情に任せて食べていると、太るだけではなく過食症などの病気にも繋がりかねません。
食事の際に気持ちを落ち着ける。これもダイエットです。
最近はコンビニやスーパーなどでもファーストフードが充実しています。
割と手ごろな値段で、手軽に食事が取れます。

料理をする時間がないからといってファストフードに頼ってしまうと、体重を増加させる原因になります。
飽和脂肪が高く繊維質の低い食事では、栄養は脂肪へと変わりやすいのです。

ファーストフード食品を買った時に、商品のカロリー表示のラベルを見てみてください。
あなたの基礎代謝の1日の消費カロリーを計算しながら食事をしましょう。

もちろん食物繊維などの栄養のバランスもしっかり考えましょう。
朝食を抜くことは太りやすい体質を作ります。
食事を抜くということは、空腹をいつもより強く感じてしまいます。

特に夜に近い食事であるほど栄養吸収力が高まっているので、朝食なし夕食ありはとても太りやすいのです。
痩せやすい生活習慣としては、朝食はモリモリいっぱい食べて、夕食はできる限りカロリーオフ。

このパターンが理想です。とは言うものの…
家族や恋人、友人などとの食事は夕食が多く、アルコールなども入ったりなかなか難しいですね(^^;
そもそも間食そのものが太りやすい体質を作ります。
物を食べた時の集中度が、後々のカロリー消費に密接な関係があります。

テレビを見ながら、パソコンをしながら、ゲームをしながら、運転をしながら、電話をしながら…
などなど何かしながらの食べたもののカロリー消費は、

なかなか消費されずに逆に蓄積されてしまうのです。
間食そのものも痩せるにはあまり歓迎されることではありませんが、

食べる時は食べる! 集中して食べることがカロリー消費に繋がります。
早食いはよくありません。特によく噛まずに食べるのは良くありません。
若い世代の人にこの傾向が強いですが…

脳が満腹のシグナルを伝達するのに15~20分はかかるので、早く食べると満腹感を感じる直前まで余計に食べてしまいます。

よく噛んで味わって食事は楽しんでください。
大げさな話なのですが、ご飯一口を30噛みすると、お茶碗一杯でめちゃめちゃ満腹になります。

落ち着いてよく噛んで食べる!
これだけでも立派なダイエットになるのです。
カロリーを取り過ぎれば太るし、体脂肪率が増えれば太りやすくなる。
これくらいの基本的な知識は大体の人が持っている知識だと思います。

基本的に必要な知識として、自分の年齢と体重に対する基礎代謝。
その基礎代謝に対するカロリーコントロールを計算できることです。

なかなか… 食べるものひとつひとつのカロリーを計算するのは難しく感じますが…
やっていると次第にすくなれてきます。

知らず知らずに1日に必要な摂取カロリーを超えてしまえば、体重を維持をすることは難しくなります。
運動不足だと太りやすいのは言うまでもありませんが、睡眠不足も太りやすさと関係があります。
睡眠不足は食欲を刺激するホルモンを増加させ、満腹信号であるホルモンを減少させます。

睡眠不足は熟睡できることによって解消することができます。
そう考えると…

やはり適度な運動をする事で深い睡眠ができるのではと考えられます。
理想的には1日1回は汗をかく適度な運動をする事をおすすめします。
低体温の人は太りやすいです。それは基礎代謝に関係があります。
1℃体温が上がると基礎代謝は12%上がります。

そう考えると平熱が35.5℃の人と36℃の人とで、1日に200~400カロリーもエネルギー消費が違ってきてしまいます。

同じ食事をしていても基礎代謝量が低いとカロリーを消費できずに脂肪に変わってしまいます。
体温の違いで太りやすさが違ってくるのも、何となく不公平感をかんじますが…

体温の低い人は太りやすいのは科学的な事実なのです。
人それぞれに太りやすい人と、そうでない人がいます。
本当にうらやましいくらいに、人の倍以上の量を食べ、なおかつデザートもケーキ2個をぺろりと食べちゃうのに…

全然太らない人っていますよね。
私などは食べたいだけ食べれば、しっかり食べただけ太ってしまうので、食べても太らない人がうらやましくてしょうがないです。

なぜこのように太ってしまう人と、太らない人がいるのでしょうか?
年齢や生活習慣、運動量、ストレス量などなど、様々に原因があるかと思います。

そこで少し太る原因について考えて見たいと思います。
ダイエットって大変ですよね。
食べたい物を食べるの我慢したり… 運動をしたりと…

当ブログでは痩せたいのに痩せない… とお悩みの方に様々な簡単に痩せる方法をご紹介しています。
好きな物を食べながらダイエットできたり、運動もしなくて良い簡単に痩せられる方法などもあります。

暇つぶしで見るもよし! 真剣に痩せるもよし!
当ブログをご活用ください。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
最新美容情報




すぐに顔のたるみや目の小じわが解消できます


1日たったの3分でアヒル口の小顔になれる...
ダイエット情報
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
mirumiru
性別:
非公開
職業:
主婦
趣味:
痩せたい人との交流
自己紹介:
何度も、「痩せない…」と諦めかけてきましたが、「継続は力なり」を座右の銘に日々、痩せる方法を研究しています!
バーコード
ブログ内検索
Copyright ©  簡単に痩せられる方法!痩せない… 痩せたい人へ  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]